睡眠時間を短く誤解

慢性的な不眠症で苦しんでいるうちほとんどの人は、自分の睡眠時間を短く誤認しています。

検査をしてみると、寝付きにかかるまでの時間を長く見積もっている場合が多いようです。

これを睡眠状態誤認と言います。

これは意図的なものではなくて、時間認知機能能力の低下が関連しています。

みんなは、不眠症になったことはありますか?先週のことですがお酒を飲見過ぎたせいか、ちょっと疲れた感じがしてさっさとベッドに入って寝ようと思いましたが、あまり眠ることができませんでした。

(^^ゞ不眠症を治したい場合、専門の医者に診て貰うと良いかも知れません。

診察の詳細は強面の先生とお話して、精神的なものや、日常生活から不眠症の原因を探ります。ストレスから来る早朝覚醒、熟眠障害は良くきくと思いますが、実はお年寄りも多い不眠症。

どういった症状かというと、若いころをイメージして、朝までたっぷり眠って一度も目が覚めないように、しかし、6時間位で起きてしまい、自分は不眠症だと思い込むのだそうです。医学的には何ら問題ないのに、本人は不眠症だと思ってしまうのです。



日本国民のうち、成人の約20%が睡眠障害に苦しんで、約15%の人が昼間の眠さに打ち勝とうと日々耐え忍び、5%以上の人が、寝酒や睡眠薬に頼っている不眠症体質だそうです。誰もが「なかなか眠ることができない」苦しい不眠体験は持っていると思います。

暑い日、ジメジメした日、様々にあると思います。普通は一時的なものですが、長期に渡り、生活の質が低下した場合に不眠症と判定されます。
不眠症と言えば睡眠薬。その睡眠効果は高いそうですが、規定量以上の摂取は危険だとか、実は目覚めが悪かったり、よくないイメージが先行してしまいます。
しかしながら近年では、医師と相談して適用方法を守れば、目覚めも良く快適な生活を送れるそうです。

グッドスリープ

深眠源


「睡眠障害」と一口に言ってもいろんなものがあるようで、一般的なところでは、早朝覚醒、熟眠障害、入眠障害や中途覚醒などなど、たーくさんあるそうですね。
ストレスから来る不眠症は、若いころに起こるのは稀で、概ね20〜30代からはじまります。
中年以降で急速に増加して、40〜50代で発生率は頂点を迎えます。

国民の5人に一人は「睡眠で疲れが減らない」「不眠症状がある」と訴え、悩んでいるそうです。

FX業者